CODED NOTES Rev.∞

8月 30 2014
心優しい人は傷ついたまま黙って消えていく
— (via xomorickyxo)

(元記事: gatya (itokonnyakuから))

3,610 リアクション

+
zaiga:

2chan.net [ExRare]

下級生

zaiga:

2chan.net [ExRare]

下級生

(tra249から)

3 リアクション

+

<もしも修学旅行が“現地集合”だったら!?>

 たとえばこんな話※1がある。

 その学校の修学旅行の行き先は「石垣島」だった。石垣島といえば沖縄本島から400km以上離れている果ての地だ。まあ、ここまではありえるかもしれない。でも、その修学旅行は“現地集合”だったのだ。

 あなたは「つまらん冗談だ」と思ったかもしれない。しかし学生たちは、親に聞くなり、本を読むなりして、必死に石垣島までの行きかたを調べ、飛行機あるいは船のチケットを自分で手配し、不安に押しつぶされそうになりながらも、やっとの思いで現地にたどり着いたのだった。

 そうするとどうなるか。面白いことに、学生たちは石垣島に着いた時点で感動がMAXになるのだ。ある者は「怖かった」と肩をふるわせ涙した。ある者は「着いたぞ」とはしゃぎ回った。修学旅行の目的が、その名が示す通り“学を修めること”なら、彼らはもう帰ってもいい。
 なぜなら、この島に自力でたどり着いた時点で、すでに、彼らは様々な社会勉強ができたはずだからである。(さすがに親に送ってもらったやつはいなかっただろう……)

 ともかく、学生たちはまるで戦場をくぐり抜けて来たかのように喜び合った。要するに“不便”はひとの感動のハードルを下げるのである。

(via etta-badapple)

これ、ボーイスカウトだかカブスカウトだかではこういうのあるよ。目的地の近くの駅に「現地集合」ってやつ。

(via yominuxx)

(元記事: kitaodori (junmykから))

79 リアクション

8月 29 2014
私たちが感情を感じないように押し殺すとき、特定の感情だけを抑えつけるのではなく、生命エネルギーそのものを押し殺すことがあります。それがうつ状態です。

300 リアクション

+
小学一年生の夏休み「おじいちゃんに戦争のお話を聞きましょう」という宿題があったが、祖父は「そんな話はしたくない」と激怒した。
幼心に「これは逆に戦争の悲惨さが伝わる話!」と思い授業で発表すると、担任に「宿題なんだからちゃんと話聞いてきて」と言われた。
こいつセンスないなと思った。

468 リアクション

+
例えばお酒を飲んだら、同量の水を呑む。それって酒つくりのプロの中では常識なんだけど、学生時代に飲み会で水呑んでると「ダサい」って言われたりしたよね。水飲んでおくだけで身体への負担はグっと軽くなる。けどそんなこと、学校教育じゃあ誰も教えてくれない。それじゃダメだ。

877 リアクション

+
自分の知ってる範囲と知らない範囲の境目にある「知っていることに近いけど知らないこと」を見つけて、それを学ぶことで境界を広げていく

34 リアクション

+
+
元優等生は恨みを抱えている。ちゃんと学校のいう通り親のいう通りやったのにどうして私は特別になれないんだ。いう通りにすれば幸せになるはずなのにどうして今幸せじゃないんだ。何の為に我慢したんだと、恨みが生涯残る

1,841 リアクション

+
西川のりおが「反関東無罪と言う心情が維新を躍進させた」と指摘してた

33 リアクション

ページ 1 / 274